Digirator DR2 Digital Audio Signal Generator

デジタルオーディオ信号発振器

Digirator DR2は、トランスフォーマーバランス出力のAES3、S/PDIF、TOSLINK、及びADAT出力に対応したリファレンスグレードのデジタルオーディオ発振器です。DR2は、サイン波、ピンクノイズ、ホワイトノイズ、ポラリティ、ディレイ、チャープ、スイープなど幅広いオーディオテスト信号を供給します。

さらにDR2は、ドルビーデジタル、ドルビーE、DTSなどプロ向けデジタル環境に対応した検証、調整、インストレーション用のサラウンドサウンド・テストシーケンスを供給します。内蔵の低ジッタ・クロックジェネレータは、AES3、DARS、ワールドクロック、ビデオ信号に同期させることができます。測定機能として、チャンネル・トレンスペアレンシチェック、チャンネルディレイ、サンプリング周波数をサポートしています。

特長

サイン波、ノイズ、ポラリティ、ディレイ、チャープ、スイープ

プロフェッショナル・オーディオ機器のメンテナンス、修理、キャリブレーションに必要なあらゆるオーディオテスト信号を出力します。ユーザー所有のテスト信号が、DR2のメモリに非圧縮WAVEファイルとしてストアできます。

Digirator DR2 screen Wave Selection


マルチフォーマットSYNC入力

DR2はAES3 、DARS、ワードクロック、ビデオ・ブラックバースト(PALとNTSC)同期信号に対応しています。Sync入力の入力インピーダンスは75 Ω、110 Ω 、High Zの中から選択できます。
Digirator DR2 screen Sync-Input


チャンネルステータス・モニター

チャンネルステータス情報は、プロフェッショナルまたはコンシューマフォーマットで出力され、主要なパラメータはマニュアルで設定できます。また、入力しているチャネルステータスデータの表示も可能です。


Digirator DR2 screen Sync Impedance Selection


コンフィギュレーションのストアプリセット

最大10までの機器のコンフィギュレーションが内蔵フラッシュメモリにストアされ、反復作業の際に再ロードできます。セーブされたセッティングは他のDR2へ転送できます。

Digirator DR2 screen Configuration


ドルビーデジタル、ドルビーE、DTS

DR2のWAVEファイルプレーヤーは、マルチチャンネル・ビットストリームファイルを再生できます。サラウンドサウンド機器とそのインストレーションの最適化や検証用として、5.1テストシーケンスセットが本体フラッシュディスクにストアされています。


Digirator DR2 screen DTS

測定用ファンクション

チャンネル・トランスペアレンシチェック

DR2は、ドルビーE、ドルビーデジタル、またはDTSのビットストリームがパスした場合、伝送チャンネルがノンリニアPCM信号用にトランスペアレントであるかどうかをテストします。また、このテストはデジタル・オーディオレコーダーにも適しています。


Digirator DR2 screen Transparency


チャンネルディレイ測定

DR2のデジタルオーディオ出力とXLR Sync入力(AES3信号を受信する場合)間の伝搬遅延が秒またはビデオフレームで表示されます。


Digirator DR2 screen IO-Delay

オーダーインフォメーション

Digirator DR2

Digirator DR2

デジタル・オーディオジェネレータ

NTi Audio #: 600 000 320 begin_of_the_skype_highlighting 600 000 320 無料  end_of_the_skype_highlighting




お問い合わせはこちら

Digirator
DR2


デジタルオーディオ信号発振器