ライブイベント - 音量監視

Live Events Monitoring Solution

XL2は法令に定められた音量規制値を守るために応用できます。各国で定められた基準がプロファイルとして用意されており、選択してスタートを押すだけです。

測定スタート後は追加の操作がなくても、選択した全てのレベルを測定、ロギングします。同時にオーディオWAVファイルへのレコーディングも可能です。

特長

  • 音量規制値を遵守
  • グリーン - アンバー - レッドの三色表示
  • オーディオファイルレコーディング

測定アプリケーション

 

 

XL2 with M4260 Measurement Microphone


XL2 Limit Light

 

 

補正値の算入

XL2は、ライブイベントにおける最大音量ポイントと実際の測定ポイント(例えばフロントオブハウスなど)間の差を補正して測定できます。実際の測定値には補正値が反映されているため、聴衆エリアの最大音量レベルを制御できます。
 

音量予測

サウンドレベルプリディクターPCソフトウェアアプリケーションをスタートさせ、レッドライトが点灯するまでの時間を予測します。
 

レポート作成

レポートテンプレートにログデータをロードし、XL2のオーディオファイルを再生します。そして、どの期間で音声が規制値を超えたか(例えばいつ観衆の拍手が大きかったか)確認します。
 

外部ライト

XL2内蔵の3色のLimit LED、またはオプションの外部スタックライトは、規制値内の場合は緑が点灯します。そして、プリセットされたリミットを超えた場合はオレンジまたは赤が点灯します。

サウンドレベルの大画面表示

XL2プロジェクタは、PCへのUSB接続によりリアルタイムでXL2のスクリーンを表示します。バーチャルキーボード機能により、PCのマウスでXL2オーディオ&アコースティックアナライザをコントロールできます。

XL2プロジェクターPROは、ライブサウンドモニタリングに役立つ「XL View」と「Sound Level Predictor」表示が可能です。

  • 「XL View」ウィンドウは、サウンドレベルを接続されたPCモニターにラージスクリーンで表示します。ウィンドウ上には3種類の音圧レベルを表示させることができます。数値がリミットに近づくとオレンジ色、そして超えてしまうと赤色で警告します。

  • 「Sound Level Predictor」は、測定開始から現在までをレベルヒストリーとして視覚化させます。さらに現時点または数分後のヘッドルームを表示します。現時点でリミットに余裕がある場合は緑色、サウンドレベルを下げる必要がある場合は赤色で警告します。これにより、FOHエンジニアは法令を遵守しながら、演奏者のパフォーマンスと聴衆の満足度を最大限に引き上げることができます。

さらに、プロジェクターPROソフトウェアは測定を中断することなく、XL2から測定データを読み込むことができます。測定中であっても、XL2のファイルシステム全体が読み込めます。


「XL View」と「Sound Level Predictor」を有効にするにはリモート測定オプションが必要です。

システムに必要なもの :

  • Windows XP、Vista 、Windows 7、8、10
  • Mac OS 10.8

プロジェクタ PROソフトウェアのダウンロードはこちら

ダウンロード

オーダー情報

Exel Set for Live Sound Monitoring

ライブサウンドモニタリング用Exelセット

セット内容
  • XL2オーディオ&アコースティックアナライザ
  • リモートコントロール・オプション
  • M4261測定用マイクロホン
  • XL2用ASDケーブル
  • XL2用ACアダプタ
  • Exelシステムケース

オプション:
 

リミットライト

visual level indication with a green, orange or red light
 

Class 2 Microphone Calibrator

for user calibration

お問い合わせ先