XL2アナライザ:オプション

Options for XL2 Analyzer

PTB型式承認オプション

PTB型式承認オプションをXL2にインストールすると、XL2-TAへアップグレードします。M2230をXL2-TAに接続しシュラウドジャケットを組み合わせると、IEC 61672:2014、IEC 61260:2014、ANSI S1.4:2014、ANSI S1.11:2014規格に準拠したclass 1サウンドレベルメータとして使用できます。

型式承認サウンドレベルメータの構成
(形式承認オプションを購入してください)

  • XL2-TA サウンドレベルメータ (XL2 に型式承認オプションをインストール済み)
    • ファームウェア V3.11
    • オプション:拡張アコースティックパック
    • オプション:XL2入力キーパッド
  • M2230測定用マイクロホン
  • Shroud MXA01


XL2-TA型式承認証明書のダウンロードはこちら

エクステンデッド・アコースティックパック(オプション)

エクステンデッド・アコースティックパックは、音響コンサルタントが建築音響で必要とする測定機能をサポートします。例えばリニアWAV ファイル録音、パーセンタイル統計、音響暴露レベル、100ms ロギング、イベントモニタリング、1/3 オクターブ解像度RT60、0.4Hz 解像度ズームFFT 等の追加により、サウンドレベルロギングや音響測定機能を拡張します。 
 

  • SLMeter/RTA ファンクション   
    • リニアWAVファイルレコーディング (24 bit, 48 kHz)
    • ワイドバンドとスペクトルのパーセンタイル: 1 - 99%
    • 単発騒音暴露レベルLAE
    • 100 ms ロギング
    • オーディオとデータレコーディングのイベントトリガー
    • 時間重み付け特性: インパルス (LxI, LxIeq with x= A, C, Z)
    •  1/1、1/3 オクターブ解像度での真のピークレベル
    •  DIN 45645-1 に規定されるクロックインパルス最大レベル(TaktMax)と値
    • Impulsiveness detection in accordance with BS4142:2014 and NordTest ACOU 112
  • FFT ファンクション   
    • 高解像度ズームFFT:5 Hz ~20 kHz で周波数レンジを選択可能、最大解像度0.4 Hz
  • RT60 ファンクション   
    • 1/3 オクターブ解像度の残響時間RT60

NTi Audio #: 600 000 339

XL2 Sound Level Meter

音声明瞭度 STIPA (オプション)

音声明瞭度STIPAオプションは、IEC 60268-16規格の最新改訂版2011 (edition 4)に準拠して音声明瞭度を測定します。また、旧エディションにも対応しています。周囲騒音の補正、リピート測定での自動アベレージング機能がサポートされています。XL2はSpeech Transmission Index (STI)、またはCommon Intelligibility Scale (CIS)を表示します。さらに、七つのオクターブバンド毎のレベルと変調指数も表示できます。

測定には下記の専用STIPAテスト信号が用意されています。

  • NTi Audio TalkBox
  • マイクロホンを含む全ての信号系統を測定する場合に必要
  • Minirator MR-PRO
  • ライン入力のあるオーディオ機器へ入力
  • STIPA テスト CD (付属品)

NTi Audio #: 600 000 338

XL2 STI-PA Analyzer

STIPAレポーティングツール

STIPA Reporting Toolクリックして拡大

STIPAレポーティングツールは、IEC 60268-16とVDE0833規格に準拠した測定レポートを作成できます。XL2の測定データを直接インポートすることで、音声明瞭度STIまたはCIS値が表示されます。さらに暗騒音データを付け加えることで、想定される実地での音声明瞭度を計算できます。

STIPAレポーティングツールは下記のWebサイトから無償でダウンロードできます。(お客様登録が必要です。)XL2 サポートページ

システム必要条件
  • PC Windows XP, 7, 8, 10
  • Excel 2010, 2013, 2016
    (32ビットまたは64ビット)

シネマメータ・オプション

シネマメータは、SMPTE ST 202:2010と SMPTE RP 200:2012に準拠し、シネマスピーカーの効率的なキャリブレーションと定期的な検証を可能とします。対話型のアシスタント画面により、ユーザーはシネマ専門の測定を順序だてて進めることができます。

特長

  • 映画館の大きさに対応してXカーブを含む測定テンプレートを作成。
  • キャリブレーションアシスタントが各チャンネルのリファレンスデータの記録、ヘッドルームテストをサポート
  • 異なるマイクロホンポジションによる測定値を平均化
  • 検証アシスタントがリファレンスデータに対する定期的な比較測定をサポート

 

XL2 Cinema Meter

NTi Audio #: 600 000 379

ユーザーマニュアルはこちら

スペクトラムリミット・オプション

スペクトラムリミット・オプションは、スぺクトラムをトレランスバンドに対して比較し、各周波数バンドにおいて値が外れていないか可視化させるものです。これにより合否判定を含むリファレンスカーブに対する比較測定が可能になります。判定結果は内蔵のリミットLEDや外部スタックライトで表示させることができます。さらに、RTAでは解像度に1/6と1/12オクターブスペクトラム、FFTアナライザではユーザー定義のレンジとトレースキャプチャリング機能が追加されます。XL2はスぺクトラムを絶対値または相対値カーブとして表示できます。

機能:

  • FFTと1/12オクターブファンクション
    • 内蔵メモリに複数の値をキャプチャリング
    • リファレンスカーブと測定値を比較し絶対値または相対値で表示
    • トレランスマスクの作成機能、リファレンスカーブを基準に合否判定が可能
    • トレランスおよびキャプチャファイルのエクスポート/インポート
  • 1/12オクターブファンクション
    • 高解像度RTA ファンクション1/12 Oct+ Tol
    • 1/1、1/3、1/6、1/12オクターブ解像度を切替え可能
    • 内蔵スピーカーで周波数バンドごとにモニター可
  • FFTファンクション
    • 高解像度ズームFFT: 5 Hz~20 kHzレンジで最高解像度0.4 Hz
  • RTAファンクション
    • 1/1、1/3オクターブ解像度での真のピークレベル
  • NC曲線
    • ANSI 12.2-2008、1995、ISO 1996に準拠

NTi Audio #: 600 000 376

XL2 Sound Level Meter

振動測定オプション

振動測定オプションは、XL2オーディオ&アコースティックアナライザを広帯域とオクターブ分析に対応する振動計に切り替えます。XL2振動計は加速度、速度、変位を測定可能とし、0.8 Hzから2.5 kHzまでの周波数帯域で標準規格に準拠したフィルタを選択できます。また、FFT解析とオシロスコープ機能を標準装備しています。FFTは1 Hz から1.69 kHzまでの周波数帯域で選択でき、振動を詳しく調べる場合に最適です。

さらに振動計にスペクトラムリミット・オプションを追加することにより、20 kHzまでのズームFFTと0.73 Hzから1.36 kHzの帯域で1/12オクターブバンドのRTAが可能になります。また、合否判定のためのリファレンス・スペクトルの取得とトレランス値が設定でき、品質検査に使用できます。リモート測定オプションは、測定データをUSBインターフェース経由でダイレクトにPCアプリケーションへ送り、リアルタイムのデータアクイジションを可能とします。

NTi Audio #: 600 000 436

Vibration Option

リモートコントロール・オプション

リモートコントロール・オプションをXL2にインストールすることにより、測定データをリアルタイムでC#、MS Excel 、LabView等のPCアプリケーションへ送ることができます。XL2はUSB経由でご使用のPCへ接続します。測定アプリケーションをプログラミングし、騒音レベルモニタリング、オーディオ測定等を自動化できます。XL2の測定データをクエリするためのリッチコマンドセットが用意されています。アプリケーションのサンプルがホームページからダウンロードできます。

リモートコントロール・オプションは、NTi Audioのコンピュータソフトウェアに以下の機能を追加します。

  • ライブイベント用 -2種類の機能がProjector PROに追加されます。「XL View」ではラージスクリーンに音圧レベルdBを表示します。「Sound Level Predictor」では数分後のヘッドルームを表示します。

  • 建築音響用 - XL2遮音性能評価レポーターソフトウェアでリアルタイムのデータ収録が可能になります。遮音性能評価レポーターソフトウェアに測定データをインポートするには、XL2本体に遮音性能評価オプションが必要です。

サポートされるXL2の測定ファンクション:

  • サウンドレベルメーターとRTAアナライザ
  • FFTアナライザ
  • オーディオアナライザRMS/THD+N
  • 高解像度スペクトラムアナライザ 1/12 Oct + Tol

NTi Audio #: 600 000 375
ユーザーマニュアルはこちら

XL2データエクスプローラ・オプション

XL2データエクスプローラはPCベースのソフトウェアアプリケーションで、パワフルなデータ処理能力によりサウンドレベルデータを素早く詳細に解析できます

数百万単位のデータポイントの可視化、解析、制御が可能で、音響コンサルタントや騒音測定専門家に最適なツールです。使いやすいデータ表示、管理およびレポート作成機能を装備しています。

XL2データエクスプローラソフトウェアの詳しい情報は こちら

NTi Audio #:

  • XL2データエクスプローラ・オプション: 600 000 430
    (永久ライセンス版)
  • データエクスプローラ 365: 600 000 431
    (1年ライセンス版)


詳しくはこちら ...

XL2遮音性能評価・オプション

遮音性能評価オプションにより、XL2の測定データを遮音性能評価レポーターソフトウェアにインポートすることが可能になります。

XL2遮音性能評価オプションはPCベースのソフトウェアアプリケーションです。空気伝播音と衝撃音の遮音性能を規格に準拠してレポート作成します。ソフトウェアはコンサルタントの方々向けに設計されており、XL2サウンドレベルメータで収録した全ての測定ポジションデータをグラフィカルに表示し素早く解析します。

XL2 Sound Insulation Reporter Results

NTi Audio #:

  • XL2 遮音性能評価オプション: 600 000 432
    (永久ライセンス版)
    または
  • 遮音性能評価レポーター 365: 600 000 433
    (1年ライセンス版)

詳しくはこちら ...

XL2 音響パワーオプション

The Sound Power Option enables the import of measurement data into the XL2 Sound Power Reporter software.
 

XL2 Sound Power Reporter is a PC-based software application that provides comprehensive reports for sound power measurements in accordance with ISO 3744 and ANSI-ASA S12.54. Designed for industrial professionals, this comprehensive tool uses data gathered by the XL2 Sound Level Meter, and quickly returns graphical analysis of all measurement positions.

XL2 Sound Power Reporter Results

NTi Audio #:

  • XL2 Sound Power Option: 600 000 434
    (permanently installed option in XL2)
    or
  • Sound Power Reporter 365: 600 000 435
    (annual subscription service)

詳しくはこちら ...

XL2 プロジェクタ PRO (無償ダウンロード)

XL2プロジェクタは、PCへのUSB接続によりリアルタイムでXL2のスクリーンを表示します。バーチャルキーボード機能により、PCのマウスでXL2オーディオ&アコースティックアナライザをコントロールできます。

XL2プロジェクターPROは、ライブサウンドモニタリングに役立つ「XL View」と「Sound Level Predictor」表示が可能です。

  • 「XL View」ウィンドウは、サウンドレベルを接続されたPCモニターにラージスクリーンで表示します。ウィンドウ上には3種類の音圧レベルを表示させることができます。数値がリミットに近づくとオレンジ色、そして超えてしまうと赤色で警告します。

  • 「Sound Level Predictor」は、測定開始から現在までをレベルヒストリーとして視覚化させます。さらに現時点または数分後のヘッドルームを表示します。現時点でリミットに余裕がある場合は緑色、サウンドレベルを下げる必要がある場合は赤色で警告します。これにより、FOHエンジニアは法令を遵守しながら、演奏者のパフォーマンスと聴衆の満足度を最大限に引き上げることができます。

さらに、プロジェクターPROソフトウェアは測定を中断することなく、XL2から測定データを読み込むことができます。測定中であっても、XL2のファイルシステム全体が読み込めます。


「XL View」と「Sound Level Predictor」を有効にするにはリモート測定オプションが必要です。

システムに必要なもの :

  • Windows XP、Vista 、Windows 7、8、10
  • Mac OS 10.8

プロジェクタ PROソフトウェアのダウンロードはこちら

サウンドレベルレポーティングツール (無償ダウンロード)

測定完了後、数分でレポートを作成できます。Microsoft ExcelでSound Reporting Toolを開き、XL2サウンドレベルメータからデータファイルを読み込みます。ファイルから測定日やスタート時間などのデータが抽出されると共に、サウンドレベルチャートが出力されます。サウンドレベルや法定リミットに関して測定期間全体がグラフ化され、サウンドレベルが一目で分かるようビジュアル化されます。

ライブサウンドレポートのサンプル

Sound Level Meter Report Demo 1

グラフレポートのサンプル

Sound Level Meter Report Demo 2

無償レポーティングツールのダウンロードはこちら

お問い合わせ先