音声明瞭度 STI

XL2 STIPA Analyzer

空港、駅、ショッピングセンター、コンサートホールなど、公共性の高い施設のアナウンス放送は、緊急時おける避難経路や方向を人々に明確に伝えなければなりません。XL2アナライザは、IEC 60268-16:2011 (edition V4.0)に準拠し、非常用放送設備の音声明瞭度を測定します。

XL2は測定値をSTIまたはCISで表示します。さらにオクターブバンド7帯域におけるレベルと変調指数も同時に測定します。測定には専用のSTIPAテスト信号を使用します。

概要

  • Compliant with IEC 60268-16:2011, IEC 60849, EN 54-24
  • Ambient noise correction
  • Standardized reporting

Overview

The speech intelligibility is measured by playing a known signal (the STIPA test signal) through the PA and measuring the quality of that signal as it reaches each of the measurement positions. Factors that influence the intelligibility of speech are the signal-to-noise ratio (quality of the system), sound pressure level (loud enough but not too loud), ambient noise level (crowds or passing traffic), reverberation time RT60 (sound reflects off smooth surfaces; we need some reflections but not too many) and psychoacoustic masking effects (the announcement is masked by another louder sound).

Features

  • Standards: IEC60268-16 (edition 2, 3 and 4), ISO 7240-16, ISO 7240-19, DIN VDE 0828-1, DIN VDE 0833-4
  • Ambient Noise Correction
  • Automated Averaging
  • Display of Modulation Indices

テスト信号ソース

NTi Audio Talkbox

NTi Audio TalkBox

STIPAテスト信号をスピーカーから出力します。また、ボイスメッセージも出力できます。

NTi Audio TalkBoxは、非常用放送設備のアナウンスマイクロホンにテスト信号を供給します。IEC 60268-16規格に準拠すると同時にTNO承認済みの、人の声をシミュレートした音声明瞭度信号を規定のレベルで出力します。TalkBoxを使用することで、音声の入口から出口まで、全ての信号経路を含むSTIPA値が測定できます。測定結果には、アナウンスマイクロホンおよび設置環境の音響効果も反映されます。

TalkBoxの使用には主に2つの利点があります。
  • 全ての信号経路をカバーすると共にテスト信号を簡単に供給できる。
  • ポータブルCDプレーヤーで発生する可能性がある、サンプリング周波数誤差による測定値への悪影響を避けることができる。



Minirator MR-PRO

Minirator MR-PRO

STIPAテスト信号を内蔵しています。また、ボイスメッセージも出力できます。(アナウンスマイクロホンが含まれない測定セットアップで使用します。)


STIPAテスト信号CD

STIPAオプションのパッケージに含まれています。

XL2アナライザによるSTIPA測定

STIPAファンクションは、IEC 60268-16:2003規格の最新版に準拠した、公共のアナウンスシステムの音声明瞭度を測定できます。XL2は、7つのオクターブバンド各々のレベルとモジュレーション・インデックスを測定し、結果をSTIまたはCISで表示します。
 

XL2 STI-PA Analyzer

STIPAレポーティングツール

STIPA Reporting Tool

STIPAレポーティングツールは、IEC 60268-16とVDE0833規格に準拠した測定レポートを作成できます。XL2の測定データを直接インポートすることで、音声明瞭度STIまたはCIS値が表示されます。さらに暗騒音データを付け加えることで、想定される実地での音声明瞭度を計算できます。

システム必要条件

  • PC Windows XP, 7, 8, 10
  • Excel 2010, 2013, 2016
    (32ビットまたは64ビット)

 


ダウンロードはこちら

 

Learn more about Speech Intelligibility Measurements

本ウェビナーでは2011年に改訂されたIEC60268-16, edition2011に準拠した測定方法とワークフローを解説し、電気音響拡声設備の音声伝達指数(STIPA)について、レポート作成方法を紹介します。

オーダーインフォメーション

Exel Set for STI-PA Testing

音声明瞭度測定用Exelセット

セット内容
  • XL2オーディオ&アコースティックアナライザ
  • XL2用STIPAオプション
  • M4261測定用マイクロホン
  • Minirator MR-PRO
  • ASDケーブル
  • ケーブルテストプラグ
  • XL2用ACアダプタ
  • MR-PRO用ACアダプタ
  • 校正証明書 x3
  • Exelシステムケース
  • TalkBox



 

お問い合わせ先