音声明瞭度 STI

XL2 STIPA Analyzer

教室、会議場、ショッピングセンター、スタジアム、駅、空港、コンサートホールなどの公共の場において、アナウンス放送は人々に十分理解されなければいけません。特に、非常時に明瞭な避難誘導のアナウンスを届けることは重要です。そのため、正確で再現性の高い方法を用いて、このような場所で音声明瞭度を検証することは必須となります。

Speech Transmission Index STIは、放送メッセージの明瞭度を評価する際の最も確立された測定手法です。

特長

  • 音声明瞭度STIの解析
  • 容易な測定手順
  • 標準に準拠したレポート作成

音声明瞭度の単位と要素

音声明瞭度は、アナウンス放送システムから既知の信号(STIPAテスト信号)を出力し、各測定位置に到達した際の信号の変質度を測定することで評価します。 IEC 60268-16規格ではSTIに関して、信号レベルがどの程度劣化するのかを測定し、明瞭度の値として0(悪い)から1(非常に良い)の範囲で表します。測定単位は、STI (Speech Transmission Index)またはCIS (Common Intelligibility Scale)が使用されます。


音声明瞭度へ影響を与える要因

  • 音圧レベル(大き過ぎない程度の十分な音量が求められる)
  • 周囲騒音レベル(人が大勢いる場所や交通量の多い場所)
  • 残響時間(一定の反響は必要だが、大き過ぎる反響は音声明瞭度を低下させる)

また、アナウンスにPAシステムが使われている場合

  • PAシステムの周波数レスポンス(例えば低域過多)
  • SN比(放送設備の性能に関連する)

STIPAテスト信号

STIPAテスト信号は、オクターブバンド125 Hz から8 kHzのピンクノイズを正弦波で変調しています。変調帯域幅により音の強度を変化させることで、人の声を模擬しています。STIPAテスト信号は、変調されたピンクノイズのため、人の声のようには聞こえません。


室内にオーディオシステムがない場合

PAシステムが設置されていない学校の教室などの場合、教師の声に代わり教壇において標準的な音圧レベルを再生するスピーカーが必要になります。IEC 60268-16規格によりスピーカーに求められる条件は、人の声の標準的な音圧レベルとして60 dBA @ 1 mが規定されています。

さらにITUT P.51規格では、スピーカーについて人の口から発せられる声と同等の広い放射特性が規定されています。

スピーカーとテスト信号が内蔵されたTalkbox音響信号発生器は、これら規格の要件を満たしています。
 


アナウンス用マイクロホンを使用するオーディオシステムの場合

アナウンス用マイクロホンからPAシステムを通して放送する場所では、音響的なSTIPAテスト信号をマイクロホンへ供給しなければなりません。この場合、IEC 60268-16規格に準拠して正確な音圧レベルで人の声を模擬した音響信号を出力するスピーカーが要求されます。この使用条件では、音声明瞭度を正確に測定するためにアナウンスマイクロホンおよび設置環境を含むすべての信号経路の要因が反映されます。

スピーカーとテスト信号が内蔵されたTalkbox音響信号発生器 は、この用途の要件を満たしています。


Minirator MR-PRO

アナウンス用マイクロホンを使用しないオーディオシステムの場合

事前に録音されたアナウンスを再生するためのハードドライブを含むPAシステムで放送する場所では、STIPAテスト信号を外部の信号発生器から電気信号として供給しなければなりません。この信号発生器は、STIPAテスト信号を途切れることなく任意のラインレベルで出力する必要があります。

MR-PROオーディオ信号発生器は、この用途の要件を満たしています。
 


XL2 Sound Level Meter

STI測定

音響的なSTIPAテスト信号を評価する場合は、STIアナライザが必要です。このSTIアナライザは、ハンドヘルドまたはポータブルタイプをお勧めいたします。理由として、一つの室内のSTIを評価するには、一回あたり15秒かかる測定が、通常複数の位置で数回必要なためです。

数回測定されたデータを平均化した後、任意で周囲騒音による補正を適用します。これは直ちに数値を確認できるので便利です。これにより室内の音環境を素早く変更でき、必要に応じて明瞭度を改善した後、再測定します。

XL2 STIPAアナライザは、この用途の要件を満たしています。

STI レポーティングツール

STI評価の最終的な業務が下記の規格に準拠した測定レポート作成です。

  • AS 1670.4
  • CEN/TS 54-32:2015
  • DIN EN 50849:2017
  • IEC 60268-16
  • ISO 7240-19:2007
  • VDE V 0833-4-32:2016
  • VDE 0828-1:2017-11

測定レポートの作成と、周囲騒音がSTI値へ与える影響を計算するツールがあれば、この最終業務ができます。

STI-Messbericht

この用途のためにSTIレポーティングツール が用意されています。

システム必要条件:
  • PC Windows XP, 7, 8, 10
  • Excel 2010, 2013, 2016(32ビットまたは64ビット)

4 音声明瞭度の測定手順

  1. 1.
    測定場所に人が大勢いる場合は、XL2アナライザで騒音を記録します。
    XL2 STIPA background measurement
  2. 2.
    測定場所に人がいない状態(例えば夜間)、TalkBoxを話者が使用するマイクロホンの前に設置します。
    TalkBox with announcement microphone
  3. 3.
    XL2のスタートボタンを押してSTIを測定します。
    XL2 STIPA measurement
  4. 4.
    レポートを作成します。
    STIPA Report with your logo

音声明瞭度測定ガイドのダウンロードはこちら

音声明瞭度の最適化

最も良好な音声明瞭度は、70~80dBSPLで得られます。音圧レベ ルが高すぎると聴覚保護作用により明瞭度が低下します。例えば、ある室内で満点となる1.00 STIが、スピーカーレベル70 dBSPLで測定された場合、アナウンスレベルが90 dBSPLまで上がると、この満点をつけた明瞭度は0.9 STIに落ちます。

音声明瞭度測定を解説したウェビナー動画

本ウェビナーでは、音声明瞭度(STIPA)の測定方法とワークフローを解説し、レポート作成方法を紹介します。

ダウンロード

お問い合わせ先