室内音響レポーター

Room Acoustics Reporter Software

室内音響レポーターは、残響時間やリアルタイム分析の周波数応答スペクトルを自動的にレポート作成するPCソフトウェアです。XL2サウンドレベルメータを使用する音響専門家やコンサルタントの方々が、記録した測定データを可視化させ、詳しく評価することが可能になります。

特長

  • DIN 18041、ISO 3382、ISO 354などに準拠した残響時間
  • SabineまたはEyringの計算式による室内音響シミュレーション
  • 吸音材データとトレランスをインポート
  • 1/1または1/3オクターブバンド分析、NC値およびスペクトル表示
  • 規格に準拠したレポート作成

残響時間と騒音スペクトルの解析

室内音響レポーターソフトウェアは、データ解析とレポート作成に最適なツールです。

  • 残響時間
    • 残響時間測定データの比較
    • 吸音材の吸音率を加味して再評価
    • 標準化されたトレランスとの比較
  • リアルタイム分析の周波数応答スペクトル
    • 複数の測定位置で記録した騒音スペクトルを平均化
    • 隣接する2室間のサウンドレベル差Dの計算
    • 背景騒音補正
  • NC値、1/12オクターブバンド、シネマメータ
    • トレランスデータを基にした合否判定
    • 1/12オクターブバンドを1/3オクターブバンドに自動変換
    • 規格に準拠した測定レポート作成

How to measure Noise Curves in a room

Read more about Room Acoustic Measurements

データ表示

XL2サウンドレベルメータの測定データをソフトウェアにドラッグ&ドロップでインポートできます。すべての測定データは、室内の音響プロパティを変更する前と後のデータセットに割り振られます。

Projector PRO XL View

計算表示

測定ごとにデータセットから計算します。ソフトウェアは、室の各レベルドロップダウンリストのRT60スペクトルを表示します。

Projector PRO XL View

結果表示

室内音響レポーターは、表中の残響時間の平均値とともに、標準化された50 HZ~10 kHzのグラフを表示します。同時にミドルレンジの平均残響時間も測定レポートに表示されます。

Room Acoustics Reporter

 

室内音響レポーターソフトウェアは、室内に吸音材を追加した場合の効果を検証できます。はじめに、追加が予定されている吸音面や物体の吸音率をソフトウェアにインポートします。その結果、予想される室内の残響時間と音圧レベルの変化が算出されます。さらに、その室内の室体積と吸音面積の比と平均吸音率も表示されます。この計算はSabineの残響式とDIN EN 12354-6規格に準拠していますが、吸音力が高い室内ではEyringの残響式に準拠することもできます。

レポート作成

必要な事項を入力し、レポートを印刷できます。また、企業ロゴやサインを入れてレポートをカスタマイズできます。

Room Acoustics Reporter Reporting

周波数応答スペクル

室内音響レポーターは、インポートした1/3オクターブスペクトルの平均値を計算し、トレランス設定したカーブと共に表示します。さらに、測定レポート画面ではインポートした2つのデータセットのレベルの合計または差を表示します。XL2の測定ファンクションでデータとしてインポートできるのは、RTA、NC値、1/12オクターブ解析、シネマメータです。

Projector PRO XL View

NC値

NC値は室内の暗騒音を評価する際に使われます。XL2で測定した周波数スペクトルをソフトウェアに読み込んでください。測定レポートには、単一指標と得られた値の対象を含む評価曲線が表示されます。

Projector PRO XL View

吸音率

ISO 354とASTM C423規格では、壁や天井に使われる音響材料の吸音率、あるいは家具や室内にいる人などの対象物の吸音面積を測定する方法を規定しています。

Projector PRO XL View

 

XL2サウンドレベルメータは、残響時間を室内に吸音材がある、または状態で測定します。室内音響レポーターソフトウェアは、このデータに基づき、ISO 354、ISO 11654、ASTM C423規格に準拠して吸音率を計算します。そして、吸音材クラスA - E、単一指標NRC (Noise Reduction Coefficient)、SAA (Sound Absorption Average)を表示します。

 

I have used the software for a year now and it’s used regularly, not just for reporting reverberation time but also in terms of projecting acoustic solutions. It’s a great software with all the tools and calculations needed.

Michael Miller
Sound InVision, Denmark

評価用ソフトウェア

室内音響レポーターソフトウェアとデモデータが無償でダウンロードできます。室内音響レポーターソフトウェアは、PCへ台数制限なくインストールできます。XL2サウンドレベルメータからデータをインポートするには、有償のライセンスが必要になります。

ソフトウェアのダウンロード    デモデータのダウンロード

    Request evaluation on virtual machine 

システム要件: Windows Vista, 7, 8.x, 10

ダウンロード

室内音響レポーターの導入について

室内音響レポーター 365

室内音響レポーター 365は、有効期間1年のライセンス版です。一台のXL2サウンドレベルメータから室内音響レポーターPCソフトウェアにインポートする測定データに制限はありません。

室内音響オプション

室内音響オプションにより、XL2の測定データを室内音響オプションにインポートできます。このオプションはXL2にインストールします。室内音響オプションをインストールする前に保存していたデータのインポートも可能です。

PCへのインストール台数無制限

室内音響レポーターソフトウェアは、台数に制限なくパソコンへインストールできます。例えばチームメンバーや客先の方々と測定データを自由に共有できます。

技術要件

ソフトウェアの全ての機能を有効にするには、XL2サウンドレベルメータに以下のオプションが必要です。

  • エクステンデッドアコースティックパック (1/3オクターブバンドでの残響時間RT60測定)
  • 室内音響レポーター 365 or 室内音響オプション

オーダー情報

Projector PRO kit

室内音響レポーター 365

1年ライセンス版
 

XL2 室内音響オプション

永久ライセンス版

お問い合わせ先