ライブイベント - サウンドレベルモニタリング

Live Events Monitoring Solution

良質なサウンドとエンターテイメントから作り出されるライブサウンドイベントは、誰にとっても楽しめるものであるべきです。同時にイベントのサウンドレベルが観客を不快にしたり、耳にダメージを与えたり、さらには近隣住民へ迷惑とならないよう配慮することが重要です。 NTi AudioはXL2サウンドレベルメータによる、ライブサウンドイベント向けのプロフェッショナルな測定ソリューションを提供します。

音量規制に準拠

XL2 with M4260 Measurement Microphone

XL2 サウンドレベルメータ

XL2サウンドレベルメータは、法令に定められた音量規制に遵守する手助けになります。使い方は簡単です。XL2を立ち上げ、事前に設定した測定プロファイルを選択し、スタートボタンを押します。オペレーターが操作をしなくても、測定をスタートして全てのデータを収録します。同時に圧縮音声データをWavファイルに記録することもできます。リミットレベルを超えるとレッドライトが点灯して警告します。


XL2 Sound Level Meter
 


聴衆エリアの最大音量をモニター

XL2は、ライブイベントにおける最大音量ポイントと実際の測定ポイント(例えばフロントオブハウスなど)間の差を補正して測定できます。実際の測定値には補正値が反映されているため、聴衆エリアの最大音量レベルを制御できます。


レポート作成

レポートテンプレートにログデータをロードし、XL2のオーディオファイルを再生します。そして、どの期間で音声が規制値を超えたか(例えばいつ観衆の拍手が大きかったか)確認します。

現場でのサウンドレベルモニタリング

XL2プロジェクターPROソフトウェアは、WindowsまたはMacへのUSB接続により、リアルタイムでXL2のスクリーンを表示します。イベントモニタリングが繰り返される、例えば数日にわたり開催されるフェスティバルでは、パソコンを起動すると同時にサウンドモニタリングを自動的にスタートさせることができます。また、プロジェクターPROのすべての設定内容は、ソフトウェアプロファイルとして保存することができます。

XL ビュー

XL ビューウィンドウは、サウンドレベルを接続されたPCモニターにラージスクリーンで表示します。ウィンドウ上には3種類の音圧レベルを表示させることができます。数値がリミットに近づくと黄色、そして超えてしまうと赤色で警告します。XL ビュー機能は、XL2サウンドレベルメータにプロジェクターPROオプションをインストールする必要があります。

Projector PRO XL View


サウンドレベルプリディクター

サウンドレベルプリディクターは、測定開始から現在までをレベルヒストリーとして視覚化させます。さらに現時点または数分後のヘッドルームを表示します。現時点でリミットに余裕がある場合は緑色、サウンドレベルを下げる必要がある場合は赤色で警告します。これにより、FOHエンジニアは法令を遵守しながら、演奏者のパフォーマンスと聴衆の満足度を最大限に引き上げることができます。サウンドレベルプリディクター機能はXL2サウンドレベルメータにプロジェクターPROオプションをインストールする必要があります。

Projector PRO XL View

離れた場所でのサウンドレベルモニタリング

XL2サウンドレベルメータはインターネット接続が可能で、モバイルフォン、タブレット、パソコンのウェブブラウザを使用して測定をスタート/ストップさせることができます。これによりフェスティバル全体の複数のステージでのサウンドレベルが一目で確認できます。また、会場近隣も測定ポイントに設定することで、規制値超過による騒音苦情を事前に防ぎ、イベントをスムーズに運営できます。近隣住民や自治体などのイベント関係者へオンラインモニタリング用のリンクを転送することができます。

XL View

リモートによるサウンドレベルモニタリングの概観


サウンドレベルは、数値が事前に設定したリミットに近づくと黄色になり、超えると赤で警告されます。

XL View

ダウンロード

ライブサウンドに関する最新ニュース

オーダー情報

Exel Set for Live Sound Monitoring

ライブサウンドモニタリング用キット

セット内容
  • M4261 測定用マイクロホン
  • ASD ケーブル
  • XL2用ACアダプタ
  • Exel システムケース

  • オプション:
     

    リミットライト

    サウンドレベルを緑、黄、赤で視覚表示
     

    Class 2 サウンドキャリブレータ

    ユーザーによるマイクロホン感度キャリブレーションで必要

お問い合わせ先